株式会社ハラキンは、産地にこだわったおいしいお米とおいしいお餅をご提供いたします。

お米の歴史
閉じる
お米(稲作)の起源は今から約7000〜1万年前に遡り、インドあるいは中国あたりが発祥の地ではないかと推測されています。日本にお米が伝わったのは、2500年ほど前の縄文時代末期。以来、稲作に適した気候もあいまって、あっという間に日本全国に広がっていきました。日本に伝わるまでのルートは様々な説があり、まだまだ分からない点が多く残されています。米ひと粒に1万年の歴史あり…なんとも悠大でロマンを感じるお話ですね。
お米の産地と品種
閉じる
コシヒカリ、ササニシキ、あきたこまちなど、日本産のお米はジャポニカ型と呼ばれ、世界的に見て「もっとも優れたお米である」といっても過言ではないでしょう。日本のほとんどの県でお米作りが行われ、それぞれに独自の品種改良を重ねて年々その品質は向上しています。中でも新潟・山形・秋田・岩手・宮城など、おもに北陸〜東北産のお米は産出量・品質ともに日本の米作りをリードしています。あなたのふるさとでは、どんなお米を作っていますか?
無洗米ってなに?
閉じる
無洗米とは「精米の過程で米ヌカを取り除いたお米」のこと。これにより「お米を研ぐ=米ヌカを洗い落とす」作業が不要になるというわけ。あらかじめ米ヌカが取り除かれているので、いわゆるヌカ臭さや黄ばみが発生しにくいのも魅力。無洗米人気のもう一つの理由は「環境にやさしい」ということ。お米の研ぎ洗いの際に排出される(とぎ汁に含まれる)米ヌカが、河川のヘドロや海の赤潮の一因となっていることをご存じでしたか? 無洗米なら研ぎ汁自体が出ないので環境を汚すこともありません。もちろん研ぎ洗い不要ということは、水道代の大幅な節約になるということも見逃せないメリットでしょう。
無農薬米と減農薬米
閉じる
無農薬米とは、生産過程において農薬を一切使わずに作られたお米のこと。減農薬米は必要最小限の農薬を使って生産されるお米。いずれも稲の生育上の様々な問題をクリアしなければならないため、たいへん難しい栽培方法であるといえるでしょう。その結果、生産量は少なく小売価格は若干高めとなりますが、根強いファンを中心に需要は増加傾向にあります。
有機栽培米
閉じる
「土」にこだわり、有機肥料、つまり堆肥を使って育てられたお米が有機栽培米。その育成は土壌づくりからはじまり、お米の収穫までには農家の皆さんのたいへんな努力と研究の積み重ねがあります。大地の恵みを一身に受けたお米。そう考えるだけでも美味しさが伝わってきそうですね。
お米の貯蔵法
閉じる
お米はナマモノ。当然、長期間放っておけば品質は低下してマズくなります。とはいえ、おおむね3ヵ月ぐらいはおいしく召し上がれますからご安心を。ただし真夏など室温が30℃を超える場合はお米の劣化も早くなります。たとえばひと月に10kg買っていた家庭なら、夏季は5kg入りを2回に分けて購入するようにすれば、いつでも新鮮なお米が食べられます。保管は「風通しがよく、涼しくて暗い」場所がベスト。お米は凍ってしまう心配がありませんから、小分けして冷凍・冷蔵庫で保管するのもよいでしょう。炊きあがったご飯もラップでくるんで冷凍庫へ入れておきましょう。電子レンジでチンするだけで、いつでも炊きたての美味しさがよみがえります。
お米のおいしい炊き方
閉じる
「お米を研ぐ」ということは、文字通りお米の表面を覆うヌカを適度に研ぎ落とすことです。しかし最近では精米技術が発達しているため、ひと昔前のようにそれほど熱心に研ぐ必要はありません。もっとも大切なことは「手早く、やさしく」行うこと。「研ぐ」というより「洗う」という感覚がベスト。研ぎすぎるとお米が割れて、炊きあがりがベチャベチャの状態になってしまいます。お米を洗い終わったからといって、スグに炊飯器のスイッチを入れてはいけません。一粒一粒にじゅうぶんな水分をしみこませるため、30分〜1時間ほど水につけておくようにしましょう。